鍵紛失トラブルを解決~トビラを開けてもらおう~

ドア

鍵の存在

ハウス

鍵の文化

鍵は錠を開けたり閉めたりでき、扉や物などに取り付けて、家・建物に入ったり使用したりする人間を制限する道具です。破損による交換や修理などは、専門の店舗で対応してもらう必要があります。歴史は古く、世界で最も古い鍵は紀元前2000年頃に存在していたといわれる「エジプト錠」と呼ばれる木製のもので、壁画にも描かれています。日本の場合、江戸時代などでは治安が良かったため庶民にとってはほとんど需要のないもので、需要は裕福な人が蔵にかけるくらいでしたが、その様式は手で簡単に開けられるようなものなど、ほとんど防犯の意味を持ちませんでした。

鍵の交換のメリット

鍵を交換することのメリットは、防犯対策になるということです。単純なものなら空き巣などが入った場合、簡単に開けられてしまいますが、複雑なものにしておけば開けるのに時間がかかり空き巣が諦める場合も多いです。壊れてしまっている鍵もそのままにしておくのではなく業者に頼んで修理しておけば防犯効果は格段に跳ね上がります。最近ではほとんど破られることのないものも登場しており、付けることを考慮する価値があると言えます。

修理について

修理とは、主に何らかの理由で正常な状態を維持できなくなった対象を元の状態に戻すこと。対象となる物は機械製品や工業製品など人工物に限り、パーツの交換等をもって行われます。破損の状態によっては、そのまま廃棄される場合もあります。方法としては、問題が生じた製品の販売元が購入者から回収して行う場合、あるいは購入者自身や購入者に依頼された専門業者が携わるのかのどちらかになります。また、同一製品の故障問題が広範囲に及んでいる場合は、製造メーカーによるリコール騒動にまで発展します。